東京でソフトウェアの業種について
東京でソフトウェアの業種について

東京のソフトウェア開発・ITservice雄飛はアジャイル開発が得意

東京のソフトウェア開発・ITservice雄飛では、アジャイルによるアプリケーション開発を得意にしております。
アジャイルには「すばやい」「俊敏な」という意味がありますが、アジャイル手法による開発は、開発期間単位を細分化して、リスクを最小化し、完成までの開発期間を短縮できるという特徴があります。
また、細分化された開発を繰り返すことで、製品の完成度を高めることも特徴です。
高い満足を感じられるアプリケーションをお客様がお望みなら、ぜひ、東京のソフトウェア開発・ITservice雄飛に開発をご依頼ください。

  • 説明

    アジャイル開発の代表的な三つの手法についての解説

    東京のソフトウェア開発・ITservice雄飛では、アプリケーション開発をアジャイル手法で行いますが、ここではアジャイル手法の詳細についてご説明します。
    アジャイル手法といっても、実はその中には異なる様々な手法が存在し、代表的な手法としては「スクラム」「エクストリーム・プログラミング」「ユーザー機能駆動開発」の三つがあります。
    「スクラム」「エクストリーム・プログラミング」は後述しますので、まず「ユーザー機能駆動開発」について簡単にご説明すると、この手法は文字通り、「ユーザーが利用する『機能』を重視して開発を行う」ものです。
    ユーザーの業務を分析することにより、アプリケーションにとってどの機能が必要なのかを判定し、必要であると判定された機能を適切な間隔で実装して、ユーザーに提供してゆきます。
    よりわかりやすくいえば、一つひとつの機能が開発の最小単位となるアジャイル手法です。

  • 打合せ

    スクラム開発とは何か、その概要と特徴のくわしいご説明

    サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト東京のソフトウェア開発・ITservice雄飛が採用するアジャイル開発の代表的な手法のひとつ「スクラム開発」についてご説明します。
    スクラム開発はアジャイル手法の中でも最も有名なもので、最近、数多くの企業で採用されているアプリケーション開発の手法です。
    「スクラム」とは、想像がつく通りラグビーのスクラムのことを指し、開発チーム内でのコミュニケーションを重視します。
    ほかのアジャイル開発手法と同様、アプリケーションの開発単位を細分化し、順次、開発・実装・テストを繰り返しながら、全体の開発を進めてゆきますが、スクラム開発では特に次の五つの点を重視していることが特徴です。
    約束したことは必ず実現しなければならない「確約」、確約したことを実現させるべく専念する「専念」、自分に不利なことも隠さず、チームに公開する「隠さない」、チームの人間に敬意を払う「尊敬」、確約・隠さない・尊敬を実践するための「勇気」の五つです。

  • パズル

    エクストリーム・プログラミングの概要と特徴について

    東京のソフトウェア開発・ITservice雄飛が採用するアジャイル開発の代表的な手法のうち、最初に注目された手法「エクストリーム・プログラミング」についてご説明します。
    エクストリーム・プログラミング(Extreme Programming)の特徴は、事前に立てた計画をそのまま遂行することより、開発途中での変更などに対応する柔軟性を重視していることです。
    スクラム開発では、確約・専念・隠さない・尊敬・勇気の五つが重視されていましたが、エクストリーム・プログラミングでこれに該当するのは「コミュニケーション」「シンプル」「フィードバック」「勇気」の四つです。
    なかでも「勇気」は、開発途中の仕様変更や設計の変更にも躊躇なく立ち向かうことを意味しています。
    エクストリーム・プログラミングでは初期の計画を遂行することよりも技術の柔軟性の高さを重視しているため、プログラマー中心の開発手法ともいえます。

  • ソース

    始まりは独学のプログラミング習得から始まっています

    東京のソフトウェア開発・ITservice雄飛は、2014年6月に設立された、アプリケーション・ITサービス開発およびアプリケーション販売を事業内容とする会社ですが、もともとは当社の代表であり、開発者でもある脇保ITservice雄飛が18歳でプログラミングを独学で習得したことから始まっています。
    その後、当社代表は、実家の総合リフォーム会社での勤務、34歳で入学した大学での様々な言語の基礎学習などの紆余曲折を経て、起業したのが当社です。
    当社では現在、アジャイル手法によるオーダーメイドアプリ開発サービスが事業の柱のひとつですが、これは当社代表が大学在学中から請け負っていたアジャイル開発の仕事に源流を発しているのです。
    また、前述した通り、当社ではアジャイル手法を導入していますが、当社代表は、派遣業務で一般的なウォーターフォール手法による開発業務も経験しており、アジャイル一辺倒ではない点は強調したいおきたいことです。

  • 会社

    東京のソフトウェア開発・ITservice雄飛は設立5年目の若い会社

    東京のソフトウェア開発・ITservice雄飛は、2014年6月に千葉県市川市で設立された、まだ5年目の若い会社です。
    しかしながら、当社の開発者はDelphiでの開発歴は20年、VBAの開発歴は6年、そのほかの開発環境でも5年の開発経験を持つ、アプリケーション開発のスペシャリストです。
    18歳ではじめてパソコンに触れて、独学でプログラミングを開始したのち、34歳で大学に入学して、様々な言語の基礎を学んでおります。
    その2年後には大学に在学しながら起業し、現在は主にアジャイル手法によるオーダーメイドアプリの開発やオーダーメイドエクセルの開発を行っております。
    アジャイル手法のため開発期間が短く、ご要望のアプリを早く納品することが可能です。
    高い整備性を持つアプリケーションの作成を目指しております。

COMPANY会社概要

東京でソフトウェア開発・ITservice雄飛へのお問い合わせ

  • 概要

    会社名

    雄飛

    代表者

    脇保 雄飛

    所在地

    千葉県市川市大野町4-2880-1

    電話番号080-8430-7751
    営業時間

    9:00~18:00

    定休日

    土日・祝日

    事業内容

    ソフトウェア・アプリ開発

    対応範囲

    東京・千葉全域

  • アクセス

    東京のソフトウェア開発では、お客様との信頼関係を何よりも大切にしております。
    当社がアプリケーション開発で導入しているアジャイル手法では、お客様と当社との信頼関係なしに高い品質の製品を作ることができないからです。
    強い信頼関係は、さらなる開発期間の短縮に繋がります。
    東京でソフトウェア開発をお考えなら、信頼と実績のITservice雄飛にお任せください。

BLOGブログ

東京のソフトウェア開発・ITservice雄飛のスタッフブログ

東京のソフトウェア開発・ITservice雄飛をブログで読む